口の周りのニキビ

すぐに治す!口周りニキビ特効薬!

口周りにできるニキビはストレスが原因かも!

 

ストレス

 

口周りにニキビができてしまうと、顔の中でも目立つ部分なので気になりますよね。

 

ニキビができている間は、できるだけ清潔に保つために触れないようにしようと思っていても、口周りはファンデーションや口紅を使用するので触れてしまう機会が多いです。

 

口周りのニキビが頻繁にできないようにするためにも、ニキビができる原因を知っておきましょう。

 

口周りにできるニキビは、ストレスが原因である可能性があります。

 

ストレスが溜まると、男性ホルモンの分泌が多くなるので、皮脂の分泌量も増えます。
皮脂が通常よりも多く分泌されることで、顔にニキビができやすくなったり、その他の肌トラブルを引き起こしやすくなります。

 

ストレスを溜め込みすぎて体調を崩してしまう人もいるので、肌を綺麗に守りながら健康的に過ごすためにも、ストレスは上手に発散していきたいですね。
精神的なストレスだけでなく、不規則な生活で溜まる身体的なストレスもニキビの原因になるので、生活習慣を見直すことも大切です。

 

また、女性の場合は、生理前や生理中にホルモンバランスが乱れがちになります。
ストレスが溜まっている状態でなくても、生理がきっかけでニキビが増えてしまうことがあります。

 

 

ニキビができる場所によって原因が違う

 

ニキビは、できる場所によって原因が違うことがあります。

 

さまざまな場所にできてしまうニキビの原因が全てストレスであるとは限らないので、気になる場所にニキビができたら原因を調べてみましょう。

 

口周りにできるニキビは、ストレスの他に胃腸トラブル・ビタミン不足・食べ過ぎが原因である可能性があります。

 

ストレスを溜め込んでいるつもりではないのに、口周りのニキビがなかなか治らない場合は、他の原因を疑ってみましょう。

 

食生活の乱れが原因で口周りにニキビができることが多いので、栄養バランスに気を付けて食事をとり、きちんと睡眠時間を確保することが大切です。

 

鼻にニキビができてしまったときにも、顔の目立つ場所なので気になりますよね。

鼻のニキビは、肝臓・大腸・肺の不調や毛穴の汚れ・紫外線によるダメージ・鼻を頻繁に触る癖などが原因でできてしまいます。

 

 

特に体調が悪いと感じていない場合は、ファンデーションを薄く塗るように心掛けたり、できるだけ清潔な手で触れるように心掛けるだけで改善されることが多いです。

 

皮脂の分泌量が多い場所でもあるので、ナッツ類や脂っこいものばかりを食べないように気を付け、皮脂の分泌量を抑えていくことも効果的です。

 

 

食べ物とニキビの関係

 

ニキビができる原因は、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることです。

 

そこに細菌が侵入することで炎症が起こり、ニキビができてしまいます

 

そのため、ニキビをできるだけ抑えたいときには、皮脂の分泌量が多くならないように食事を見直すことが効果的です。

 

これまで脂っこいものばかりを食べていた人は、自分の食事を見直すことで、皮脂の分泌量を抑えてニキビを減らしていけるでしょう。

 

ニキビの原因となる食べ物は、脂っこいもの・辛いもの・アルコール・甘いものなどです。
肉・ファーストフード・バターなどの脂っこいものを食べると、皮脂が過剰に分泌される原因になります。

 

ニキビができやすく、なおりにくいと感じていたら、脂っこいものばかりを食べていないかチェックしてみましょう。

 

辛いものは新陳代謝がアップするというメリットがありますが、胃腸に負担を掛けてしまうというデメリットもあります。

 

食べ過ぎると、消化や吸収の機能を低下させることにつながり、ニキビができやすくなります。

 

アルコールも辛いものと同じで、肝臓に負担を掛けることで肌の調子が悪くなることがあります。

 

最後に、甘いものもニキビや吹き出物・肌のベタつきを引き起こす可能性が高い食べ物です。

 

食べ過ぎないように気を付けましょう。

 

 

間違いやすいヘルペスとニキビ

 

ヘルペスとニキビは似たような症状なので、間違いやすいです。

 

「ニキビだと思って放置していたら、実はヘルペスで悪化してしまった」というケースも少なくないので、ヘルペスとニキビの見分け方を知っておきましょう。

 

ヘルペスとニキビを引き起こす原因も知っておけば、あらかじめ予防できるでしょう。

 

ニキビは、炎症を起こして赤くなっているものであれば触ると痛みを感じるかもしれませんが、初期段階で違和感を感じることはあまりありません。

 

これに対してヘルペスは、最初にピリピリと痛みを感じ出し、その後に赤く腫れあがってきます。

 

目で見てわかる症状が出る前に、痛みや痒みなどの違和感を感じた場合には、ヘルペスを疑って早めに対処したほうが良いかもしれません。

 

ヘルペスは感染力が強いので、直接触ることで他の人に移してしまう可能性が高いです。

 

また、ニキビができる主な原因は、皮脂が毛穴に詰まることやアクネ菌が毛穴に侵入することです。

 

アクネ菌はウイルスではなく常在菌なので、人の肌に常に存在しているものです。

 

ヘルペスの場合は、ウイルスによる感染が原因で発症します。
免疫力を落とさないように気を付けて、ウイルスに感染しない健康な体づくりをしていく必要があります。

 

 

口周りにできるニキビのケア方法

 

口周りにできるニキビは、ストレスが原因であったり、胃腸トラブル・食べ過ぎ・ビタミン不足が原因であったりします。

 

口周りにできるニキビをケアしていこうと思ったら、まずは自分の生活を見直し、ニキビができてしまった原因を考えることから始めてみましょう。

 

生活習慣が原因でできてしまったニキビは、できるだけ規則正しい生活を送るように心掛けるだけで、意外と早く治ってしまうことが多いです。

 

胃腸トラブル・食べ過ぎ・ビタミン不足で口周りにニキビができてしまったと感じている人は、食生活を改善してみましょう。

 

栄養バランスが整った食事をとるように心掛け、夜はできるだけ早く眠りましょう。

 

栄養と睡眠を十分に確保することで、なかなか治らなかったニキビも自然に減っていくはずです。

 

ストレスが原因でニキビができてしまったように感じている人は、上手にストレス発散できるように気を付けていきましょう。

 

時間があるときには軽い運動をしたり、毎日少しだけリラックスタイムを設けるのも良いでしょう。

 

風呂上がりに好きな音楽を聴いたり、好きな雑誌を読んだりするだけでも、心と体をリラックスした状態に導けます。

 

また、できるだけ早くニキビを治すために、ニキビ専用のクリームやジェルを使用してみるのも良いかもしれません。

 

メルラインが↓お得な公式サイト!