ニキビの芯は取るべき?それとも・・・

すぐに治す!口周りニキビ特効薬!

芯があるニキビとないニキビ 何が違う?  

 

ニキビの芯の正体

 

ニキビの元となるのが皮脂とアクネ菌です。

 

これが「ニキビの芯」となるのです。

 

これはニキビの種類の中でも白ニキビと言われています。

 

ニキビの元となる皮脂とアクネ菌を早いうちに絞り出して、ニキビのできるだけ早く治したいですよね。

 

とはいって肌に複数の種類のニキビができていると、どれが白ニキビなのかの見極めが難しいです。

 

白ニキビは、皮脂が毛穴に留まることでできます。

 

表面がうっすらと白くなり、ニキビの芯が見えてくるのです。

 

それが白ニキビというわけですね。

 

そのときの白ニキビはまだ炎症や化膿を起こしていません。

 

ですから、溜まった皮脂に常在細菌であるアクネ菌が入り込んで増殖しようとするのです。

 

そして白血球が体を守ろうとして、アクネ菌と戦うのです。

 

それによって、ニキビの炎症が起こり、皮脂の周りにはアクネ菌と戦った白血球が膿となって溜まります。

 

これがニキビの芯の正体というわけですね。

 

この白ニキビの芯は取り出しても問題はありません。

 

というよりもできるだけ早く取り出したほうがいいでしょう。

 

また、白ニキビ以外の芯のないニキビが赤ニキビや黒ニキビと言われているのです。

 

 

ニキビの芯は取った方が早く治る?

 

膿を出せばニキビの治りは早くなるのでしょうか

 

化膿した傷を治すとき、まず膿を出すことから始まります。

 

そのときは抗生物質で治療するのが一般的なのです。

 

「ニキビは絶対に潰してはいけない」と言われてきましたが、ニキビの膿を全部外に出すことで、ニキビの治りは早くなります。

 

ニキビの芯を出すのは悪い方法ではないのです。

 

 

肝心なのは全部出し切ること

 

ニキビの芯は、全部を出し切るのは難しいでしょう。

 

中途半端に出して芯が残ってしまうと、さらに膿が溜まってしまうケースもあります。

 

 

ニキビ肌へ圧力を加えるのは要注意

 

炎症しているニキビの芯を無理に出し切ろうとして、指で押したり爪でつまむこともあると思います。

 

強い圧力をかけてしまうと、ニキビ肌に大きなダメージを与える可能性が高いのです。

 

ニキビを潰す際に肌に加わる圧力が強いとそれが刺激になって、内出血を起こしニキビの赤みが長く残ってしまうのです。

 

また皮膚が裂けることでギザギザの傷になります。

 

綺麗に治らない可能性が高く、これを雑菌が多い指や爪で行うことで更なるニキビの温床になりかねないのです。

 

 

色素沈着やニキビ跡が残るリスク

 

ニキビの膿を出すのに失敗すると、同じ場所に繰り返し炎症を起こすようになります。

 

色素沈着やニキビ跡が残るリスクが増えることを頭に入れておかなくてはいけません。

 

膿を出す際に肌に傷をつけてしまうことで、細菌感染する可能性もあるのです。

 

ニキビが悪化して炎症が広がることで、クレーターのようなニキビ跡になってしまう場合もあります。

 

跡を残さないケア方法

 

皮脂の分泌過剰や、肌のターンオーバーが乱れることで、ニキビの芯が増殖して毛穴が詰まってしまいます。

 

そして、ゴマのような塊りができてしまうのです。

 

原因は、皮脂が異常に分泌され角質が増殖してしまうことですから、炎症を起こしていなくても角栓ができた肌は触ってもゴワゴワとしているのです。

 

他の肌と、触り比べると違いがわかります。

 

また、肌の色も、皮膚が厚くなってきて黒ずんでいる場合が多いのです。

 

芯を取り除いた後、雑菌が入らないように消毒することが大切です。

 

また、ニキビ跡が目立つからと、洗浄力の強いもので、ゴシゴシ洗顔することは控えましょう。

 

パックや手でしぼりだしたりすると、逆に悪化します。

 

このように、肌に強い圧力をかけることがきっかけとなって、雑菌が毛穴に繁殖します。

 

肌に刺激の少ないケア商品でじっくりと治すことが大切です。

メルラインが↓お得な公式サイト!