口の周りにできるニキビは他とは違う!原因と正しいケア方法

すぐに治す!口周りニキビ特効薬!

口の周りにできるニキビは他とは違う!原因と正しいケア方法

 

大人ニキビは色々な部分にできますが、口の周りにできる人も多いようです。

 

これは明らかに思春期にできる物とは違い、体の中に問題が生じている証拠です。

 

そのなかでもストレスが原因で口の周りにニキビができることが多く、季節の変わり目や生活環境の変化、対人関係など様々なストレス原因が考えられます。

 

口周りニキビ 原因

 

ストレスは自分で気づくことが少なく、体に何らかの変化が生じてから初めて「ストレスを感じていたかも・・・」と気づく場合が多いようです。

 

しかし、ストレスをまったく感じずに生きることはできるでしょうか?

 

小さな子供でもストレスを感じながら生きていると言われており、避けるのではなく上手に消化するすべを身に着けた方が良いのかもしれません。

 

 

口にニキビができるとなかなか改善せず、目立ってしまうため恥ずかしいですよね?

 

特に、女性はニキビがあるだけで「夜遊びをしている」「食生活が乱れている」と勘違いされがちです。

 

原因を解消し、正しいケアできれいに治していきましょう!

 

 

ストレスを感じるとなぜ口の周りにニキビができるの?

 

それでは、なぜストレスを感じると口の周りにニキビができてしまうのでしょうか?

 

食べ過ぎでも胃腸の調子が悪いわけでもないのに、なかなか治らない口の周りのニキビはストレスが原因なのですが、心にダメージを受けるとニキビができるなんて不思議ですよね。

 

実は、人間の体の神秘とも言えるすごい事実があるのです!

 

 

人は、ストレスを感じると男性ホルモンが多く分泌されるようになります。

 

この男性ホルモンは、男性らしい体や心を作る働きがあります。

 

ストレスで心や体がダメージを受けると、それに打ち勝とうとするため男性ホルモンが分泌されるのです。

 

人間な体ってすごいですよね!

 

ストレスから身を守る本能が備わっていて、そのために必要なホルモンが勝手に分泌されるのですから。

 

 

このときに分泌される男性ホルモンによって体力や気力の回復が行われ、多少のストレスは自然に解消することができます。

 

しかし、男性ホルモンは男らしいヒゲを作るために口の周りの皮膚の活動が活発になります。

 

それによって口の周りやフェイスラインにニキビができてしまうのです。

 

 

男性ホルモンの分泌は防衛のためで、体にとっては大切なことですが、それがニキビとなってしまうのは困りますね。

 

女性もストレスを感じると男性ホルモンが多く分泌し、自分の身を守ろうとするのですから、ストレスを避けるのが一番大切かもしれませんね。

 

 

ケア方法

 

なぜストレスが原因で口の周りにだけニキビができるのか、お分かりいただけたと思います。

 

人間の体は生き延びるために防衛反応が備わっているのですね。

 

それが原因で口の周りにニキビができるなんて、夢にも思わなかったはずです。

 

男性ホルモンは生命の維持に欠かすことのできないホルモンで、決して悪いものではありません。

 

しかし、ニキビには大敵でホルモンのバランスを整えることが大切なのです。

 

 

このストレスが原因のニキビは、その原因を取り除かない限り解決しないのでしょうか?

 

確かに、男性ホルモンが大量に分泌される状態では、どんどんニキビができてしまいます。

 

ですから、ストレスといかに上手に付き合っていくか、どう解消するのかがカギになります。

 

とは言っても、誰でもストレスは感じるもので、それが原動力になる場合もあるので一概に悪いものとは言い切れないのかもしれません。

 

 

ストレスを上手に解消するためには、十分な睡眠とバランスのとれた食生活が大切です。

 

また、大人ニキビ専用のケア用品も効果的で、たくさんの化粧品を試すよりも「専用のもの」を使うことが大切なのです。

 

大人ニキビは思春期ニキビとは異なる部分が多く、同じケアをしても改善することはありません。

 

ですから、しっかりケアして跡が残らないように気を付けることも大切なのです。

 

メルラインが↓お得な公式サイト!