洗顔はどの程度すればいい?

すぐに治す!口周りニキビ特効薬!

ニキビケア方法 洗顔はどの程度?

 

ニキビ 洗顔

 

ニキビケアの基本は十分に皮脂や汚れを落とす洗顔だと言われていますが、これは思春期にできるニキビの場合で、原因が異なる大人ニキビの場合は過剰に洗顔することで悪化してしまう場合が多いのです。

 

ニキビは顔の皮脂が過剰に分泌し毛穴を詰まらせることで発生するため、それを取り除くことが一番効果的だと思いますよね?

 

実際毛穴の皮脂や汚れを取り除くことは大切ですが、大人ニキビの場合必要な皮脂までも取り除くことによって肌が皮脂不足と判断してしまうのです!

 

人間の体はとてもよくできており、必要なのに足りないものは自ら分泌させることができるのです・・皮脂は肌を守るためのバリア機能の役割があるため、洗いすぎも危険です。

 

そのため、しっかり洗顔し皮脂を取り除いてるつもりでもどんどん脂が分泌され、結果毛穴に詰まってニキビが出来てしまうのですが、大人になってできるニキビはなかなか改善せず何度も繰り返す厄介なものなのです。

 

もちろん、ニキビケアは清潔にすることが大切ですが洗顔は潤いを残すことが大切で、毛穴の奥までしっかり皮脂を取り除き潤いまで取り去ってしまうような洗顔では逆にニキビを悪化させてしまうため、皮脂と水分のバランスを整えることがきれいな肌を取り戻すことにつながります。

 

 

ニキビケア・オイル等で過度の保湿はしない方がいいの?

 

ニキビケアにオイルや美容液など様々な種類のケア用品を取り入れている人がいますが、そんな人にかぎってニキビが治らず悪化しているように見えます。

 

肌には本来自分で再生、修復する力があるため、ある程度の荒れやニキビは清潔を保ち適度に保湿するだけで十分なのです!しかし、高いケア用品を使えば使うほど肌がきれいになるイメージから、芸能人や知り合いが使っている物を真似してみたり、CMや広告の過剰な宣伝文句を真に受け自分の肌に何が必要なのかを考えずに取り入れてしまうのです。

 

 

肌は過度の保湿をすることで自ら潤う必要がなくなり、やがてその力が衰えてしまうのです・・できるのにやらない、それが続くとできなくなる、そんな感じでしょうか?もちろん年齢と共にうるおい成分が足りなくなりますが、だからと言ってあれもこれも補っていては肌を甘やかし逆にニキビや肌荒れが悪化することになります。

 

早くニキビを治したいと思って良いと言われるケア用品はすべて取り入れたい気持ちは分かりますが、過剰な保湿はニキビを悪化させ肌機能まで低下させてしまうのです!ニキビケアの基本は洗顔と保湿ですが、どちらも過剰にならないように気を付けなくてはなりません。

 

ニキビケア

 

ニキビケア・スキンケア以外でやるべきことは?

 

ニキビケアは洗顔た保湿などのスキンケアが大切ですが、それでも改善しない場合は他の原因があるのかもしれません。

 

特に大人ニキビは体の中に原因が潜んでいることが多く、ホルモンバランスの乱れや飲酒、喫煙、食生活の乱れ、ストレス、睡眠不足・・など様々なことがニキビを発生させる原因になっているため、それらを改善しなければどんなに優れたケア用品を使っても効果が出ないのは当然です。

 

 

また女性に多いの便秘もニキビと大いに関係があり、老廃物が体内に溜まることで毒素を発生させそれが血液を通して全身に送られます!その毒素が肌荒れやニキビとなって現れるため、食生活の改善とともに便秘にならないような食生活を心かげることも大切なのです。

 

 

ニキビができているとそれを隠すために濃いめのメイクをしてしまいがちですが、それがニキビを刺激し悪化させる可能性があり、毛穴をふさいだ状態が長く続くと新しいニキビができるだけではなく、すでにあるものも炎症を起こしてしまい跡が残ってしまうかもしれません。

 

メイクが濃いとその分だけ強力なクレンジングが必要になり肌い負担をかけてしまうので、ニキビがあるときはなるべく低刺激のメイク用品を使い塗りすぎにも注意しましょう!

 

 

メルラインが↓お得な公式サイト!