大切なのは食生活・肌が荒れる原因を作る食べ物

すぐに治す!口周りニキビ特効薬!

肌荒れの原因・多くは食品が原因?!

 

急な肌荒れの原因の多くは、食品が原因でしょう。

 

ニキビが出来る原因は、髪の毛、ストレス、睡眠不足等も多いですが、これらは日々の積み重ねにより少しずつ影響を与える肌荒れの原因です。

 

逆に食品は、一日不摂生をしただけで肌に大きな影響をもたらす可能性が高いでしょう。

 

それほど肌は食品の影響を直接受けやすいのです。

 

では、どんな食品が肌荒れを起こすのでしょうか? 

 

 

肌荒れを起こす!注意したい食品とは

 

糖分の多い食品

 

チョコレート、ケーキ、ドーナツ等甘い食べ物は体に悪い成分をたくさん含んでいます。

 

お砂糖、バター、過度な油分に過度の糖分摂取…

 

デザートビュッフェに行った日なんて、体内で油分や糖分が消化しきれずにニキビをすぐに作ってしまいます。

 

もちろんドーナツ一個、チョコレートひとかけら食べた程度ですぐに肌が荒れる訳ではありません。

 

食べ過ぎることがいけないのです。

 

ストレス発散、リフレッシュ目的で食べる程度なら問題ありませんが、食べ過ぎは控えましょう。

 

もし甘いものがどうしても食べたい!と思ったら、ドライフルーツや果物等肌に良い成分を含んだ食べ物をおすすめします。

 

 

油分の多い食品

 

ファーストフードにスナック菓子、揚げ物なども肌荒れを起こす食品でしょう。

 

特に、お惣菜コーナーの揚げ物やファーストフードは酸化した油分を使っていることが多く肌に悪い影響をもたらします。

 

沢山食べると皮脂が毛穴から分泌されやすくなったり老化が進行してしまうでしょう。

 

もちろん外食のドーナツもおすすめ出来ません。

 

脂っこいものは食べるな。とは言いませんが、酸化した油分が使っていないかどうか気にかけてみて下さい。

 

 

唐辛子を多く使った食品

 

唐辛子のような香辛料は発汗作用がありダイエットに良いといわれています。

 

だからこそ、痩せたい女性は唐辛子の多い食品を食べたり、ラーメンやうどんに唐辛子をいっぱいかけてしまうのではないでしょうか。

 

辛み成分は確かに発汗作用をもたらしてくれますが、胃腸に刺激を与え体内環境のトラブルを起こしやすくしてしまいます。

 

唐辛子を絶対に使ってはいけない、という訳ではありませんが、使い過ぎないようにしましょう。

 

辛み成分を摂りすぎたせいで胃腸が荒れるだけではなく、味覚障害を起こしてしまう可能性もあります。

 

 

インスタント食品

 

手軽に食べられるインスタントラーメン、スープ、パスタ

 

どれも美味しいし手間もかかりませんよね。

 

平日の夜ご飯はインスタントが主になっているという方も少なくはないでしょう。

 

しかし、インスタント食品に使われている油分は酸化したものがほとんどです。

 

味も濃く、肌に悪い影響を与える成分もたくさん含まれています。

 

もちろん栄養面も良くないので栄養不足で肌荒れが起こる可能性だってあります。

 

肌のためを考えるのなら、インスタント食品は控えた方が良いかもしれませんね。

 

どの食品でもいえることですが「食べすぎ」は良くありません。

 

少量を一回食べただけではすぐに肌に影響は与えませんが、一人でチョコレート一箱食べてしまったり、何にでも唐辛子をたっぷりとかけたり、毎日のようにインスタント食品やお惣菜の揚げ物を食べる…なんて生活をしているとすぐに肌に影響を及ぼしてしまいます。

 

バランスの摂れた食生活は現代人、特に一人暮らしの人だと難しいでしょう。

 

しかし、肌荒れを起こす食品を控える、ちょっとでもいいから肌のことを考えた食生活を心がけることで、肌荒れを抑えることが出来るかもしれません。

 

それでも駄目なら、スキンケア方面から肌荒れしにくい強い肌を作ってみてはいかがでしょうか?

 

メルラインが↓お得な公式サイト!