フェイスラインにできやすいニキビ

すぐに治す!口周りニキビ特効薬!

大人ニキビはフェイスラインにできやすい

 

口元

 

大人になってからできる「大人ニキビ」は、フェイスラインにできやすいと言われています。

 

フェイスラインは、顔の中でもあまり汗をかかない場所なので、毛穴が小さくて詰まりやすいです。

 

そのため、ホルモンバランスが崩れて皮脂の分泌量が増えたり、古い角質を落とし切れずに毛穴に溜まってしまったりすると、フェイスラインにニキビができやすくなるのです。

 

思春期の頃にニキビの症状が重かった場合にも、肌の組織がダメージを受けていてニキビが再発しやすくなります。

 

大人ニキビは、一度治っても再発してしまうことが多いので、同じ場所に繰り返し再発しないように正しいケアをしていきましょう。

 

フェイスラインにできてしまった大人ニキビを治したいときには、まず保湿をすることが大切です。

 

フェイスラインは汗をかきにくい場所なので、水分量が少なくて乾燥しがちです。

 

乾燥はニキビの大敵なので、できるだけ潤いを与えて肌を守りましょう。

 

普段使用する化粧水や美容液も、保湿効果が高いものを選ぶようにしておけば、ニキビ予防になって良いかもしれません。

 

また、洗顔時に洗い残しがないようにすることも大切です。

 

余分な皮脂・古い角質・洗顔フォームの泡が残らないように、丁寧に洗い流しましょう。

 

 

生理の前にできるニキビ

 

生理が始まる1週間ぐらい前になると、ニキビが増えてしまう女性は多いです。

 

放っておけば自然に治ってしまうことが多いですが、次の生理がくるときに再びニキビができてしまい、毎月「生理ニキビ」を繰り返す人もいるでしょう。

 

時間が経てば自然に治るニキビとはいえ、何度も同じ場所にできているとニキビ跡が残ってしまう恐れがあります。

 

生理前にニキビができやすくなる原因を知って、ニキビを繰り返さないように気を付けてみましょう。

 

生理前は、黄体ホルモンという女性ホルモンが増加します。

 

黄体ホルモンは、皮脂の分泌量を増加させる働きがあると言われており、生理前になると皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

 

そのため、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まるなどして、ニキビができやすくなってしまうのです。

 

生理前のニキビを防ぐためには、皮脂の分泌を抑える必要があります。

 

体にストレスを溜め込まない生活を送ることでホルモンバランスを整えたり、肌を保湿することで皮脂の分泌量を抑えるように努力してみましょう。

 

特に、過剰に分泌された皮脂を全て洗い落とそうとしてしまっている人は、注意が必要です。

 

肌を守るために必要な皮脂まで洗い落としてしまうと、逆効果となってニキビを増やしてしまう恐れがあります。

 

 

皮脂の分泌とニキビの関係

 

ニキビができる原因は、毛穴の中に皮脂が溜まることです。

 

皮脂は必ず分泌されているものなので、誰でもニキビができる可能性はあります。

 

しかし、どれだけ過剰に皮脂が分泌されていたとしても、毛穴に溜まりさえしなければニキビはできません。

 

毛穴をきれいに保つように心掛けて、ニキビができにくい肌を目指しましょう。

 

毛穴が詰まってしまう理由はいくつかあり、人によってニキビができる原因が違うことになります。

 

自分の生活や洗顔を見直しながら、どのようなことが原因でニキビができてしまっているのかを考えてみましょう。

 

まず、ホルモンバランスの乱れやストレスで皮脂の分泌量が増えてしまうことがあります。

 

不規則な生活を長く続けていたり、精神的なストレスを溜め込みすぎていると、ホルモンバランスが乱れて皮脂の分泌量が増えます。
皮脂が過剰に分泌されることで、毛穴に詰まってニキビができやすくなります。

 

また、間違ったスキンケアを行うことで、皮脂が過剰に分泌されることもあります。

 

ニキビを作らないために、念入りに洗顔をしている人は多いかもしれませんが、洗顔のしすぎは逆効果になります。

 

肌を守るために必要な皮脂まで洗い落としてしまうことで、肌が自らを守るために皮脂を分泌しようとします。

 

洗顔のしすぎで皮脂の分泌量を増やさないように気を付けましょう。

 

 

大人ニキビと思春期ニキビの違い

 

大人になってから頻繁にできる「大人ニキビ」と、10代にできる「思春期ニキビ」には大きな違いがあります。

 

大人になってからできたニキビは、10代の頃と同じケアをしても治りにくいかもしれません。

 

大人ニキビと思春期ニキビの違いを知って、正しいケアができるようにしていきましょう。

 

10代にできる思春期ニキビは、成長ホルモンの影響で皮脂が過剰に分泌されることが原因でできてしまいます。

 

そのため、ホルモンバランスが整ってくると自然に症状が改善されることが多いですし、皮脂をきちんと洗い落とすようにすることでニキビを防いでいけます。

 

しかし、大人ニキビは不規則な生活・睡眠不足・ストレス・生理・飲酒や喫煙・スキンケアなど、さまざまなことが原因でできてしまいます。

 

思春期ニキビのように原因が少ないわけではないので、まずは自分のニキビができてしまった原因を突き止めることから始めなければいけません。

 

「生理前ではないか?」「不規則な生活を長く続けてはいないか?」「飲酒や喫煙ばかりをしていないか?」など、自分の生活を見直して原因を探ってみましょう。

 

また、大人ニキビと思春期ニキビでは、症状が出る場所も異なります。

 

大人ニキビはフェイスラインから首筋にかけてできやすいと言われており、一度治っても再発しやすいのが特徴です。

 

 

ケア方法は同じではない

 

思春期ニキビの場合は、皮脂が毛穴に詰まらないように気を付けることで、ニキビを予防していけます。

 

成長ホルモンの影響で皮脂の分泌量が増えてしまうのは仕方がないことなので、丁寧な洗顔を行うことや、脂っこい食べ物を控えることなどでニキビを予防していきましょう。

 

一方、大人ニキビの場合は、丁寧な洗顔をするだけではニキビを防ぎきれないことが多いです。

 

大人ニキビができる原因は、生活習慣やストレスなど、思春期ニキビよりもさまざまなものがあります。

 

丁寧な洗顔で皮脂を洗い落としていても、根本から解決できなければニキビは減りません。

 

まずは自分の生活習慣を見直して、改善できる点を見つけていきましょう。

 

不規則な生活が長く続いている人は、毎日きちんと湯船に浸かり、できるだけ早く眠ることをおすすめします。

 

湯船で体を温めることでホルモンバランスが整いますし、血行不良が改善されて体に溜まったストレスが解消されていきます。

 

シャワーだけで済ませるよりも深い眠りにつけるので、睡眠の質も向上するでしょう。

 

また、飲酒や喫煙が多い人は、少しずつで良いので頻度を減らしてみましょう。

 

アルコールの摂取は肝臓の機能を低下させ、ニキビ以外の肌トラブルを引き起こすことにもつながります。

 

メルラインが↓お得な公式サイト!