すぐに治す!口周りニキビ特効薬!

ニキビや赤ら顔はビタミンCで解消できる?

 

 

ビタミンが肌に良いというのは、ほとんどの人が知っていると思います。
では、ビタミンを積極的に摂取することで、赤ら顔を改善することはできるのでしょうか?

 

 

ビタミンCが赤ら顔に効果を発揮することはありますが、それは赤ら顔のタイプによります。
赤ら顔になってしまう原因は、脂性肌による肌荒れやアトピーなどです。

 

ビタミンCの効果で改善できる赤ら顔は、脂性肌でニキビなどができてしまい、顔全体が赤っぽくなってしまっているタイプです。
このような場合には皮脂の分泌を抑えればニキビを防げるので、皮脂の分泌を抑制するビタミンCが効果を発揮します。

 

逆に、ビタミンCを摂取することで悪化してしまう赤ら顔のタイプもあります。

 

乾燥肌・敏感肌・アトピーが原因で赤ら顔になってしまっている場合には、ビタミンCを摂取することで悪影響を及ぼしてしまう可能性が高いです。

 

もともと肌が乾燥ぎみなのにビタミンCを摂取すると、皮脂の分泌が抑制されて、さらに肌を乾燥させてしまいます。

 

また、敏感肌・アトピーである人は、ビタミンが肌への刺激となってしまいます。
ビタミンC誘導体などが配合されている化粧水を使用すると、肌にヒリヒリとした刺激を感じることもあるかもしれません。

 

 

赤ら顔なぜなるの?その原因とは

 

赤ら顔の原因として特に多いのが、皮脂の過剰分泌による顔の赤みです。
皮脂が過剰に分泌されると、肌の表面に皮脂が溜まってしまいます。

 

肌の表面に溜まった皮脂は空気に触れて酸化し、皮膚に常在している菌と反応を起こして炎症を引き起こしてしまいます。
皮脂の過剰分泌が原因の赤ら顔は、皮脂が特に多い鼻や鼻の脇などが赤くなっていることが多いです。

 

さらに、皮脂の過剰分泌によって、ニキビもともなうことがあります。
ニキビが炎症を起こしていると、ニキビの周りの皮膚もほんのり赤くなります。
これにより、顔全体が赤みを帯びているように見えてしまうのです。

 

ニキビの炎症が長引いていると、皮膚の真皮層にまでダメージがおよび、色素が沈着してしまうことがあります。
色素沈着によって、なかなか治らない赤ら顔になってしまうこともあるので、顔にできてしまったニキビはできるだけ早く治したいですね。

 

また、乾燥肌・敏感肌・アトピーなどが原因で皮膚が炎症を起こし、赤ら顔がなかなか治らないという人も多いです。
このような場合には、できるだけ肌を刺激しないように気を付けることが大切です。

 

赤ら顔を治すために色々と試してみたい化粧品や薬があると思いますが、肌に刺激を与えないことを一番に考えましょう。

 

 

ビタミンと併用すると効果が高いケア

 

皮脂の過剰分泌による赤ら顔は、ビタミンを摂取したり、ビタミンC誘導体などが配合されている化粧品を使用することで改善できます。
ビタミンCには皮脂の分泌を抑制する効果があるので、皮脂の過剰分泌による顔の赤みや、ニキビができてしまうことを防げるでしょう。

 

赤ら顔を改善するために利用できそうなビタミンですが、併用して行いたいケアがあります。

 

それは、顔全体の血行を良くすることと、肌の乾燥を防ぐことです。
顔の血行が悪いと、頬が赤くなってしまったり、顔色が悪く見えてしまうことがあります。

 

頬を軽い力でトントンと叩いてみたり、洗顔時にマッサージを行うようにすると、顔全体の血行を促進できます。
また、肌が乾燥しがちになっていると、肌を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

 

もともと乾燥肌が酷い場合には、刺激が少ない化粧品を選ぶなどしなければなりませんが、スキンケアを怠っていることが原因で乾燥肌になってしまっている人は、今すぐに保湿ケアを徹底して行いましょう。

 

化粧水だけでは水分が逃げて乾燥してしまうので、乳液や保湿クリームも使用します。
しっかりと保湿ケアを行っていれば、肌のバランスを保つことができるでしょう。

 

 

 

 

メルラインが↓お得な公式サイト!