敏感肌必見・低刺激スキンケアの条件

すぐに治す!口周りニキビ特効薬!

肌のためを考えるなら絶対低刺激スキンケア!

 

スキンケアを選ぶポイントっていろいろありますが、特に大切なのが肌への刺激が少ないことだと思います。

 

もちろん、スキンケアにわざと刺激物を配合しているところはないでしょうが、成分を強くするために肌に負担のかかるものが配合されていたり、見た目の美しさ、香りの美しさなどを重視してわざと肌に良くないものを配合している場合もあるでしょう。

 

もともと肌の強い人なら良いかもしれませんが、敏感肌や乾燥肌の人がそういったスキンケアを使うとどんどん肌質が悪化してしまいます。

 

肌が強い人だって、肌に負担のかかるものが沢山配合されたスキンケアはわざわざ使いたくないですよね。

 

だからこそ、低刺激スキンケアが一番

 

最近は様々なフリー処方の低刺激スキンケアが増えてきました。

 

では、どんな成分が肌に悪影響を及ぼしているのでしょうか?

 

 

スキンケアに良く配合されている刺激成分

 

合成香料

 

スキンケアは肌を綺麗にするためのものではありますが、やっぱり香りって大切ですよね。

 

香水程強い香りではありませんが、肌に直接つけるものなので香りも身近に感じられます。

 

だからこそ、好みの香りが一番!

 

好きな香りを嗅ぎながらスキンケアをすればリラクゼーション効果も実感出来ちゃう?!

 

そんな香りつけのための成分が肌の刺激になる可能性があります。

 

よくスキンケアやメイクアップアイテムに含まれているのが、合成香料です。

 

合成香料は主に以下の種類が多いでしょう。

 

  • ラクトン系(ミルク、ピーチ、ココナッツ等の甘み成分の強い香り)
  • エステル系(リンゴ、バナナ、チョコレート等食品系の香り)
  • アルデヒド系(バニラやイチゴ等の甘い香り)
  • アルコール系(薄荷等のスースーとした香り)
  • 炭化水素系(柑橘系のさっぱりとした香り)
  • ケトン系(カラメルソース等の香り)
  • エーテル系(ユーカリの香り)

 

合成香料は化学物質です。

 

そして、香料は最もアレルギー症状を引きおこりやすい成分だといわれています。

 

香料すべてがいけないのではなく、天然由来の香料や調合香料は肌への負担も少ないといわれています。

 

気を付けたいのはあくまで「合成香料」でしょう。

 

 

着色料

 

着色料はメイクアップアイテムによく配合されている成分です。

 

ファンデーションの色、口紅の色、アイシャドウの色…

 

化粧品のほとんどは、絶妙な色加減で美しくメイクを彩ることが出来るのでしょう。

 

確かに化粧品には着色料は必要ですが、スキンケアにも必要でしょうか?

 

スキンケアはあくまで肌を美しくケアするためのアイテムです。

 

確かに無色透明よりは淡く可愛らしい色合いの方が毎日使う上で楽しんでスキンケアが出来るかもしれませんが、肌に負担をかけてまで着色する必要はないように感じられます。

 

実際に、着色料としてよく用いられているタール色素は皮膚に刺激性やアレルギーのリスクが問題視されている成分です。

 

肌に優しいスキンケアを選ぶのであれば、着色料が配合されていない方が良いでしょう。

 

 

鉱物油

 

鉱物油はミネラルオイルとも呼ばれている成分です。

 

ミネラル、というと肌に優しそうな印象ですが、実はそんなことありません。

 

鉱物油はいわゆる廃油のことを言います。

 

石油から工業製品を作った跡にでる廃油を脱色し、不純物を取り除き、無味無臭にした油が鉱物油なのです。

 

もちろん生産過程において様々な処理を施し純度を高く保ってはいますが、肌への負担が大きいといわれている成分なのです。

 

鉱物油は肌表面に膜を作り皮膚を守るという役割があります。

 

その為スキンケアに配合されることも多いでしょう。

 

その反面、皮膚を覆いすぎて毛穴が詰まったり新陳代謝が悪化したり乾燥が助長する可能性もあります。

 

肌のためを考えるのなら、鉱物油は配合されていない方が皮膚の負担にならないのではないでしょうか。

 

 

アルコール

 

化粧品等によく含まれている成分といえば、アルコールやエタノール。

 

どちらも同じ意味合いを持ちます。

 

適度な飲酒は美肌に効果的、アルコール配合スキンケアは美白効果が高い、などと言われていますが、肌に刺激が強い成分なのです。

 

アルコールには、

 

  • 乳化
  • 殺菌
  • 防腐
  • 清涼
  • 引き締め
  • 溶解を助ける

 

等の作用があるためスキンケアに配合されることが多いのでしょう。

 

しかし肌が弱い人がアルコール配合スキンケアを使うと皮膚がピリピリしたり刺激を感じる、負担を感じる場合が多いですよね。

 

もちろんアルコールに過度に弱い人は赤みが生じたり炎症が起こる可能性だってあります。

 

 

パラベン

 

パラベンは防腐剤の一種です。

 

スキンケア商品は食べ物ではありませんが、防腐剤を配合しなければ成分の腐敗が進み肌荒れの原因となってしまうでしょう。

 

その為の防腐剤を配合したスキンケアが増えています。

 

パラベンは皮膚内部に入ることがなく比較的安全性な成分のようです。

 

また、抗菌力が高く持続性があり毒性は極めて少ない。
そのうえ単価が安いため低価格スキンケアにも配合しやすいというメリットがあるみたいですね。

 

ここまで見るとパラベンはスキンケアに必要な成分なのでは?と思うでしょう。

 

しかし、パラベンは安価なため粗悪な製品に含まれやすいのです。

 

スキンケアに防腐剤は必要なものですが、より肌の安全性を重視したいのであればパラベンよりももっと肌に良い高品質な防腐剤が配合されたスキンケアをおすすめします。

 

 

合成香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラベン

 

これら全てが配合しているスキンケアも珍しくはありません。

 

確かに安価で良い商品が作れる、肌に良い影響もある、スキンケアを使うモチベーションがアップする等メリットもたくさんあります。

 

しかし肌への刺激や安全性を重視するのであれば、これらがすべて配合されていない、肌への優しさを重視して作られたスキンケアが一番です。

 

メルラインは敏感肌の方でも安心して使えるように、合成着色料、着色料、鉱物油、アルコール、パラベンいずれもフリーの無添加スキンケアとなっています。

 

オールインワンタイプなので肌への摩擦も最小限に抑えることが出来るでしょう。

 

肌にできるだけ刺激を与えたくなく、敏感肌でもしっかりとスキンケアしたい。

 

そんな方にぴったりなのが、メルラインなのではないでしょうか?

 

メルラインが↓お得な公式サイト!