部位別・大人ニキビが出来る原因

すぐに治す!口周りニキビ特効薬!

大人ニキビはいろいろな場所に出来る

 

大人ニキビは本当にさまざまな場所に出来ます。

 

もちろん思春期ニキビも出来る部位は様々ですが、大人ニキビは原因によって思ってもみないところに出来てしまうものなのです。

 

顔全体はもちろん、人によっては背中、首、デコルテラインや耳たぶに耳の中。お尻や背中のニキビに悩まされている人もいるでしょう。

 

ここでは顔に絞って、それぞれどんな部位にできるのか、原因は何なのか説明していきます。

 

 

ニキビが出来る部位と原因

 

→顎・フェイスラインのニキビ

 

→口周りのニキビ

 

→おでこのニキビ

 

→眉間・眉毛・こめかみのニキビ

 

→鼻のニキビ

 

→頬のニキビ

 

顎・フェイスラインのニキビ

 

顎やフェイスラインは思春期にもニキビができやすい部位ではありますが、やはり大人になると特にできやすい部分でしょう。

 

肌荒れの中でも特に癖になりやすい部分で、繰り返し出来るフェイスラインや顎の吹き出物に悩まされている方も多いかもしれませんね。

 

この部位が肌荒れを起こすのは、基本的にホルモンバランスの影響が大きいでしょう。

 

ストレスを感じると血流が悪化し皮脂腺が刺激され皮脂の過剰分泌が起きます。

 

また、睡眠不足だと交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい男性ホルモンの分泌が多くなり、皮脂量が増えてしまうでしょう。

 

どちらもホルモンバランスが乱れる原因になることですし、そのせいで皮脂量が増えてニキビができやすくなってしまうのです。

 

もちろんホルモンバランスの乱れだけではなく顎やフェイスラインを触る癖があったり保湿不足に陥るとニキビが出来てしまいます。

 

ストレスも感じていない、睡眠もしっかりととっている。
けれども繰り返しニキビが出来る場合は外的要因の可能性が高いかもしれませんね。

 

 

口周りのニキビ

 

顎・フェイスラインに続いて大人ニキビで多いのが、口周りのニキビでしょう。

 

鼻下や唇付近、中には唇にニキビが出来る場合だってあります。

 

顔の中でも特に目立つ部分なので気になりますよね。

 

口周りニキビは、男性ホルモンの量が多くなった時にできやすいといわれています。

 

その為ホルモンバランスが乱れているときにできやすいでしょう。

 

特に女性は生理痛がつらいとき、冷え性が悪化しているとき、胃腸の働きが低下しているときにも出来やすいみたいですね。

 

口周りはもともと皮脂量の多い部分なので、一度出来ると癖になりやすいのでしょう。

 

また、外部からの刺激でニキビが出来る可能性もあります。

 

口周りのうぶ毛や髭は毎日のように剃らないと目立ってしまいますよね。

 

しかしそんなカミソリの刺激のせいで肌荒れが起きたり、ニキビが治りにくくなる可能性があります。

 

女性であれば口紅やリップグロス、リップクリームを塗ることも多いでしょうが、雑菌が蓄積したリップアイテムを使っているとニキビが出来てしまう可能性があります。

 

他にも、蜂蜜等の保湿成分が詰まったリップスクラブが口周りにつくと油分過多状態になってしまい肌が荒れてしまう可能性もあるでしょう。

 

ストレスや冷え、食生活のせいで出来る場合もありますが、もしかしたら美容のために行っているリップケアのせいで口周りの肌荒れが治らない可能性もあります。

 

リップアイテムは粘膜付近に使うため雑菌がたまりやすいです。
出来るだけ清潔に保ち、使い切っていない段階でも長期間使っているアイテムは買い換えたほうが良いでしょう。

 

 

おでこのニキビ

 

思春期ニキビといえば、おでこニキビ。

 

前髪で隠れるから…と隠していては、さらに悪化してしまうでしょう。

 

思春期ニキビがおでこに出来やすいのはもともと油分が多い部位だからです。

 

しかし大人になって皮脂量が安定しているのにおでこに肌荒れが生じるのは、髪の毛の油分、手の油分、シャンプーの洗い残しや整髪料の付着等、外的要因がほとんどだといわれています。

 

確かに髪の毛で隠すことが出来る部位ではありますが、やはり綺麗な状態を保つためにはニキビが出来たら髪の毛が触れないように気を付けましょう。

 

清潔に保つことで、おでこのニキビを改善することが出来ます。

 

 

眉間・眉毛・こめかみのニキビ

 

こめかみ部分は目立たないかもしれませんが、眉毛や眉間は顔の中心なので人からも気づかれやすい部分です。

 

一般的に肌が荒れにくい部分ではありますが、この部分にニキビが出来てなかなか治らない人も多いでしょう。

 

この部分に出来るニキビは、髪の毛や手による汚れの付着、ストレス、疲労、糖分や油分過多な食生活、間違ったスキンケア等です。

 

一般的なニキビが出来る原因のほとんどが該当します。

 

一般的なニキビケアをしていれば治る部分ではありますが、繰り返し出来る場合は髪の毛の付着や洗顔料の洗い残しに気を使ってみて下さい。

 

 

鼻のニキビ

 

小鼻はもちろん鼻の頭や鼻下はもともとニキビが出来やすい部分です。

 

目立つ部分なので一度出来ると気になって仕方がありませんよね。

 

鼻のニキビは過剰な皮脂分泌が原因で出来ます。

 

もともと皮脂量が多い部分なので、偏った生活スタイル、食生活、生理不順やホルモンバランスの乱れなど些細なことがきっかけですぐに皮脂量がどんどん増えてしまうのでしょう。

 

また、鼻は毛穴が汚れやすい部分なのでニキビを放置したり綺麗に治さないと、古い角質が酸化し黒ずみになり所謂イチゴ鼻の状態になってしまう可能性があります。

 

大切なのは、毎日の基本的なケアです。

 

生活習慣を見直し、鼻を清潔に保ち、正しいスキンケアを行うようにしましょう。

 

 

頬のニキビ

 

顔の中でも特に広い面積の頬は、思春期に特にニキビが出来やすい部分です。

 

もちろん大人になってからも頬にニキビが出来ることが多いでしょう。

 

大人になってからの頬のニキビは髪の毛やメイクが原因で出来ることが多いみたいですね。

 

髪の毛が頬にいつもくっついている人は、髪の毛の油分が肌に触れる機会も多いでしょう。
そのせいで清潔に保つことが難しくなり、肌荒れが起こります。

 

また、ファンデーション等のベースメイクが影響してニキビが出来る可能性もあるでしょう。

 

ファンデーションを塗るパフが汚れていたり、チークブラシを洗っていなかったりするとどんどん雑菌が繁殖し肌荒れを起こす原因となってしまいます。

 

メイク用品は清潔に保つようにして下さい。

 

頬のニキビを放置するとそのまま跡になり広がってしまう可能性があります。

 

メルラインが↓お得な公式サイト!